付き合う きっかけ タイミング

付き合うきっかけとタイミング

スポンサーリンク

皆さんは、好きな人や普段から気になっている人と付き合いたいと思っていますか?
きっと思っていることでしょう。
ただ、自分に自信が無かったり、相手が自分のことをどう思っているのか、分からない時は、どうやってきっかけを作ったらいいのか、またはどんなタイミングで告白したらいいのか、途方にくれることもあると思います。
でも、付き合うきっかけやタイミングって、そんなに構えることなく、自分から作り出せるものなんです。
そのやり方をお伝えします。
1.挨拶をしてみる。
同じ会社や学校にいる人でも、別の部署やクラスが違って、なかなか話すきっかけが作れない場合は、挨拶から始めましょう。
元気よく、「おはようございます」「こんにちは!」「さようなら」と挨拶するだけで、相手にいい印象を与えることが出来るからです。
毎日のように続けていれば、相手も同じように挨拶してくれるようになります。
そして会話をするチャンスも生まれます。
まずはここからです。
2.相手の関心事を聞き出す。
そうやって相手との距離が縮まったら、今度は、話しかけてみます。
始めは、難しく感じますが、自分の事を自己紹介してみればいいのです。
たとえば、学生の方でしたら、放課後どんな部活やサークルに属しているのか、どうしてやっているのか、その活動のどんな部分に魅力を感じているのかなど、話してみます。

スポンサーリンク

人は、心を開いて自分の事を話してくれる人には、自分のことも話したくなる生き物です。
それに、自分の事を話した後は、相手にも、どんな趣味や活動に興味があるのか、訊くことも出来ます。
そうやって、相手が自分の趣味や関心事も話してくれるようになったら、その分野について、自分なりに勉強してみるのです。
例えば、サッカーが好きなある男性を好きになったとしたら、サッカーのルールについて調べてみたり、どんな選手が活躍しているのかを調べます。
そうすると、次に会った時に、「このルールのここのところが分からないんだけど、教えてもらえないかな?」と彼の興味がある分野で質問が出来るようになるのです。
そうやって、共通の話題が出来ると、相手に一緒に話していて、楽しい人だなと認識してもらえるし、気になる存在にもなっていきます。
3.相手に明るいオーラでアピールする。
相手に話していて楽しいなと思ってもらったら、ここからは、積極的にプラスのオーラをアピールしましょう。
いつも笑顔で相槌を打つ、相手の事を褒める、一緒にいて楽しそうにするなどポジティブなオーラを醸しだしていると、相手は一緒にいて居心地がいいなあと感じるようになります。
人は、一緒にいて居心地がいい人とは、もっと一緒にいたいと思うものなのです。
そしたら、自然と付き合うきっかけやタイミングはできているようなものです。
気がついたら、付き合っていたという形になっていく場合もありますし、今度は相手から告白されて、付き合うことになる場合もあります。
そう、あなたはそうやって自分で付き合うきっかけやタイミングを作ったのです。
このサイトでは、どうやって具体的に、付き合うきっかけやタイミングを作って行けるかを、解説していきます。
悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考になさってくださいね!

スポンサーリンク