紹介 付き合う 流れ

紹介から付き合うまでの流れについて

スポンサーリンク

適齢期の男性や女性が恋愛をする相手として出会う方法としては、紹介で出会うという方法があります。
職場などになかなか出会いがない場合は、結婚や恋愛相手と巡り合うのにとても有効な方法です。
そのなかで、付き合うまでの流れを抑えておくことが大変重要です。
なぜなら、あまりにも紹介までの付き合うまでの期間が短く、告白までが早すぎると相手に対して失礼にもなりますし、しかし期間が長すぎると却って相手が不信感を抱いてしまうこともありますし、ほかの人からアプローチされるという懸念も考えられます。
ですので、このようにして恋愛する相手を探すのであれば、一連の流れについて把握をすることが必要になってきます。
友達から恋人関係に至るまでスムーズに行うことで、相手に対して失礼の内容にできますし、相手への警戒心も解かれるからです。

スポンサーリンク

まずは紹介されて、この人と友達になってもよい、もしくは恋愛相手として考えるのであれば、まず連絡先を交換することです。
いきなりメールアドレスを交換することに抵抗があるのであれば、SNSなどで連絡先を交換することです。
そして、次に食事など一対一で話ができる機会を設けることが必要です。
そのような過程を経ることで、お互いの恋愛観をすり合わせることができるからです。
3回くらい食事に行ったりデートを重ねたりしてそれでも相手との付き合いを続けていきたい場合は、まずは恋人同士となるように相手に告白します。
そこで断られた場合、すんなり諦めるほうが良いです。
なぜなら、紹介者の立場もありますのであまりにも追いすぎるのは禁物だからです。
そこで、結婚相手として考えている場合は、告白に対して良い返事をもらったところで、それからまた2回くらいデートをします。
そこで、結婚を前提にと伝えると良いです。

スポンサーリンク