女の先輩と付き合う方法

女の先輩と付き合う方法

スポンサーリンク

女の先輩と付き合う方法は年の差別に二通りあります。
まず、年齢が五歳未満の場合です。
年齢が五歳未満だと年齢のせいで話題が合わないということはあまりありません。
学生だと五歳の年齢差は大きいですが学生という枠から出るとあまり違いはありません。

 

年齢差が五歳未満の女の先輩と付き合う方法は「敬語は使いつつも同い年のように接する」ことです。
いきなり同い年のように接するとひかれてしまうので、徐々に同い年かのように接する機会を増やします。
メールを気軽にできる間柄であれば絵文字の種類を友達に送るようなくだけたものをたまにいれたり、デートに誘う際は年齢差を感じにくい遊園地のようなはしゃいで過ごせるところに誘ったりします。
女性側がふと気がついた時には先輩後輩の関係は敬語を使っているかどうかのみとなっています。
身近な存在になることで付き合える可能性があがります。

スポンサーリンク

次にに五歳以上の年齢差がある女の先輩と付き合う方法です。
その方法は「頼りがいのある男だと思わせる」ことです。
年齢差が五歳以上の場合、女性側から恋愛対象と見られていない可能性があります。
女性側に恋愛対象となっているかを聞くわけにはいかないので念のため恋愛対象でない場合を想定して行動する必要があります。

 

頼りがいのある男だと思われるためにできることはありとあらゆる事を行います。
ドアをさりげなく開けたり、隣を歩くときは車道側を歩いたりします。
仕事を頑張り、大人の男であると認識してもらいます。
大人の男であると認識されて初めてスタートラインに立てるのです。

 

スタートラインに立ってから男性側はそれぞれの性格や個性を女性側に出していきます。
そこで会話が弾んだり波長が合えば付き合える可能性は高いです。
五歳以上の年の差がある場合は子供だと思われない事が重要なのです。

スポンサーリンク