付き合う前 食事 会計

付き合う前の食事の会計について

スポンサーリンク

付き合う前のデートでは食事の会計の仕方が意外に問題となります。
この時点ではまだお互いに距離があることが多いため、ちょっとした違和感が関係の進展にも影響を与えてしまうのが問題です。
多くの場合、初回のデートでは男性が食事代を負担するのが一般的と言えます。
会計の仕方は、実の所利用するお店の形態によっても異なるのが常です。
居酒屋など気楽なお店では、女性側もさり気なく負担を申し出るケースがあります。
一方、レストランの場合は通常支払いを持つのは男性です。

 

 

食事の会計の仕方は、相手の性格を把握する上でもかなり役立ちます。
お互いの相性もほぼ分かるため、付き合う前のデートとしては適当です。
2回目以降のデートでは、雰囲気によって会計の仕方も変わってきます。
多くの場合関係を継続していきたいか否かを判断するシチエーションであるため、カップルにとっては大切なステップです。

スポンサーリンク

このようなお金のやり取りには、個人の性質や価値観などが如実に現れる傾向があります。
育ってきた環境や地域性、職業などによっても行動は左右されることが多く、余り知らない相手との感覚のギャップを実感する時です。
こういったギャップを受け入れられるかどうかによっても、二人の関係が変わってきます。
相手の態度に対してどうしても許せないといった感情が生じてきた場合は、やはり関係を続けることは困難です。

 

 

付き合う前は様々な面から相手を知ることが必要です。
会話だけでは分からないことは、その都度相手の反応や態度から把握することになります。
少なからず相手に違和感を覚えるのが常である付き合う前は、余り焦らずに自分の感覚を信じることがコツです。
この時期は女性にとって、自分の男性観を認識するための良いチャンスとも考えられます。

スポンサーリンク