好き避け 嫉妬 付き合う

嫉妬して好き避けする相手と付き合う方法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「嫉妬して好き避けする相手と付き合う方法」についてお話をしていきたいと思います。
あなたは今、会社や学校で心を惹かれている人がいますか?
毎日のように通う場所だから、好きな気持ちもどんどん膨らんでいくと思います。
でも、挨拶しても話しかけても、素っ気ない返事しか返ってこないと、嫌われているのかなと思いますよね?
こういう場合、相手と喧嘩したとか、相手の気に障るようなことをした覚えがなければ、好き避けされている可能性があります。
一度、試しに他の異性と仲良くしてみてください。
楽しそうに談笑している姿を見て、あなたに対する態度がいつも以上に硬かったり、冷たく接する場合は嫉妬しているからなので、普段の態度は好き避けだったんだと分かりますよね。
嫉妬させるために他の異性と仲良くするのは1回で十分ですが、これで相手の気持ちが分かったら、こちらから積極的に気持ちをアピールしていくといいでしょう。
特に好き避けするタイプの人は自分から好きな人に接近することが出来ず、少なからず自己嫌悪に陥っています。

スポンサーリンク

だから好きな相手から声をかけられると、表面上そのように見えなくても内心嬉しい気持ちで一杯なのです。
また、好き避けする理由の一つに自分への自信のなさが挙げられます。
自分に魅力がないと思うから、自ら自分の殻に閉じこもってしまうのです。
そういうケースの場合、その人のことを褒めると効果があります。
女性の場合は、容姿や性格など、あなたが気に入っている部分を褒めるようにしましょう。
自分にも魅力があることに気づくとそれが自信につながるので、あなたに対しても心を開いて接するようになります。
また、男性の場合ですと、相手の女性にどう思われているのか分からない、または男のプライドが邪魔をして自分から打ち解けられない等の理由で好き避けしてしまうケースが多いようです。
この場合も、顔を合わせたらこちらからニッコリ微笑んで挨拶したり、話しかけるなどしていくといいでしょう。
そうすると好き避けする相手でもあなたに心を許して、自分のことを話してくれるようになるはずです。
ここまで相手と接点を持つことが出来れば、何処かにデートすることもできるようになるので、自然と付き合う流れになっていくはずです。
ただし、焦ってしまうと相手は自分の殻にまた閉じこもる可能性もありますので、反応を見ながらステップを踏んでいくようにしましょう!

スポンサーリンク