既婚者 好き 態度

既婚者を好きになった時の態度に用心しよう

スポンサーリンク

新卒で社会人となったり、仕事をしていてしばらくたって仕事に慣れてきていたり、結婚などをきっかけにいったん家庭に入っていたが、仕事をするようになったり、とさまざまな状況がありますが、女性が職場の同僚、上司に好意を寄せるという事があります。
それは独身者同士であれば職場恋愛で、職場恋愛を禁止しているような職場でなければまったく問題ない、恋愛です。
しかし、それがどちらかが既婚者である場合、その恋愛は問題ありです。
だめだと思いながらも、だめだと思うほど好きという気持ちは加速して行ってしまいます。
付き合いさえしなければ、その好きという気持ちは仕事への意欲へもつながっていきますので、それは好影響を与えるといってもいいです。
しかし、相手が既婚者の場合は、好意を持っている方が態度に出てしまうと、家庭を壊したくないと思っている既婚者は用心をしてしまい、その気持ちが仕事中の二人の関係に隙間を生じさせ、仕事自体に支障をきたしてしまうという事があります。

スポンサーリンク

既婚者を好きになった場合に限らず、人に好意を持っている時というのは、どうしても態度に出てしまうものです。
既婚者を好きになった場合は、その恋がかなわないものと割り切って、その好意の気持ちを仕事の原動力にしようと思うことができるように自分を調整したほうがいいです。
態度に出てしまい、相手に用心の気持ちが出てしまうと仕事に支障が出てしまうだけでなく、もし万が一、相手が用心という事なしにその恋がかなってしまった時は、社会的には不道徳な関係になってしまいます。
すると二人の関係にとどまったものにならず、時間が経つと共にお互いの家庭にも問題となり、職場、二人の仕事に支障を与えてしまいます。
そうならないように、最初から好意を持っているという事は、仕事に対してやる気を出すことができる原動力と思っていたほうがいいです。
お互いに既婚者である場合、お互いに割り切っていることもあるかと思いますが、必ず何かしらの影響というものはのちに出てくるのです。
ですので既婚者との恋愛は最初から避けるようにしましょう。
ご自身が既婚者である場合も、ご自分の家庭を大切にすることが重要です。
間違っても道を踏み外さないように、上手に自分をコントロールして自分の人生を楽しむことが大事です。

スポンサーリンク