女性 嫌い避け 態度 特徴

女性の嫌い避けの態度と特徴

スポンサーリンク

嫌い避けとは恋愛対象では無いと判断した場合に見られる行動です。
女性の場合では、恋愛対象では無い男性が自身に好意的であると判断した場合にこれ以上期待を持たせまいと避けると言った態度を見せます。
女性の嫌い避けに見られる態度とは、二人きりになるのを避ける、プライベートな内容の会話を避ける、遠目から全く視線が合う事がない、会話を早く切り上げようとする、あまり笑顔を見せない、食事の誘いに応じない等です。
嫌い避けには、男性の好意が迷惑である、はっきりと断る事が出来ない、相手に脈なしである事を悟って欲しいと言う心理が隠されており、女性に嫌い避けの態度が見られた場合には積極的にアプローチしてはなりません。
そして女性が男性を避けると言った行動に好きであるのに避けてしまうと言った好き避けと言った態度がありますが、この二つの特徴をしっかりと見極め上手く対処していかなくてはなりません。
まず女性の避けると言った行動パターンを良く観察しそれぞれの特徴を見極める目を養う必要性が出てくるのです。

スポンサーリンク

好き避けの場合は、遠目から目線が合う、プライベートな質問に答えてくれる、二人きりになるのを嫌がらない、メールや電話に応じる等です。
嫌い避けを行う女性にこう言った態度は全く見られず相手と親密になる事を一方的に拒否すると言った特徴を持つのです。
積極的にアプローチをおこなっても拒否されてしまうといった場合には、一旦アプローチをやめる事も必要です。
そしてこういった嫌い避けを克服し交際に発展させるにはまず相手に対する恋愛感情をリセットし、友達感覚で接して行くと良いでしょう。
恋愛対象では無いと判断されている状況で何度もアプローチを行えば更に相手の気持ちが離れて行く事に繋がります。
今後交際に結びつけるにはまず一定の距離を保つ必要性があるのです。
プライベートな質問や食事に誘う事は暫く控える、メールや電話を頻繁に行わない、相手に恋愛感情があるという態度を見せないと言った行動を行う事で相手との一定の距離を保つ事が出来る様になり、避けられてしまうと言った事が無くなります。

スポンサーリンク