既婚男性 脈あり サイン

既婚男性の脈ありサインを見分けて用心しよう

スポンサーリンク

気持ちは態度に現れるとはよく言ったもので、相手に好意を持った場合、その気持ちが抑えられずに何らかのサインとして必ず現れます。
特に相手が既婚男性だった場合は用心が必要です。
既婚男性との恋愛には良い結果は待っていないので、既婚男性の脈ありサインをよく理解しておき、あてはまるサインが見て取れた場合は用心して心の準備をしたほうが良いでしょう。
まず、サインとしてよくわかるのは視線です。
やはり気になっている人というのは目で追ってしまうもので、既婚男性といってもその点は全く変わりはありません。
ついついどこで何をしているのかが気になってしまい、目線で追ってしまうのです。
もし既婚男性であなたとよく目が合う人がいるのであれば、それは脈ありサインと判断してかまわないので、接する場合には用心するようにしましょう。
また、特有の脈ありサインとしてはメールによく表れます。
やはり結婚している立場上、表立ってはそういう恋愛的な行動はとれません。

スポンサーリンク

しかし、メールでのやり取りであれば基本は自分と相手の一対一ですので、本音が表れやすいです。
具体的にはこちらの休みの予定を聞いて来たり、二人だけで食事に行こうと誘ったりしてきます。
結婚してから、特に異性と食事をするということは仕事だとしてもめったにあることではないですし、プライベートであればなおさら注意が必要な行為です。
にもかかわらず、こちらの休日の予定を聞いてきて、休みの日に一緒に遊ぼうと誘って来たり、二人で食事に行こうと誘ってくるような場合は、明らかにこちらに対して好意があると見てよいでしょう。
また、ほかに好意を感じられる行動としてはボディタッチがあります。
ただでさえ男性から女性へのボディタッチというのは抵抗があるものです。
それが既婚者男性ということであれば、パートナーがいるため縛りというものがあります。
それを侵してまでボディタッチをするということは、よほど相手に自分の好意に気付いて欲しいと思っているという証拠です。
こういうタイプの既婚男性の脈ありサインには用心をし、態度などではっきりした区切りをつけていきましょう。
そうすることが自分の身を守るために大切だからです。

スポンサーリンク