ごめん避け 男性 特徴

ごめん避けをする男性の特徴

スポンサーリンク

好きな女性に好意があることを知られたら恥ずかしい、学校や職場の仲間にしられてしまい振られたらプライドがズタズタになってしまうのは嫌だなどの男性心理が働くと、好きな気持ちを隠すためにわざと素っ気ない態度をとる「好き避け」に対して、嫌いではないけれど恋愛感情は無いので、好きになられたら困るという男性に良く見られる特徴として「ごめん避け」というのがあります。
もし、好意を持っている男性が、よそよそしくて私は恋愛対象ではないのかもと諦めてしまう前に「好き避け」なのか「ごめん避け」なのかを見極めてから今後の接し方を選択するのも重要です。
「好き避け」の場合、よく目が合う、見つめ返すと恥ずかしそうに目をそらしますが「ごめん避け」はあまり目が合わない、見る目返すと目線を下に落とすか左右に向くの特徴があります。
会話中に話が盛り上がっていても目を見て聞いてくれないし目を見て話してくれない、時々、携帯を見ている態度は「ごめん避け」に当てはまります。

スポンサーリンク

大勢で話している際も、そばに来てくれない、近づくとさりげなく離れてしまう、腕組みしながら聞いている、身体の向きがこちらを向いていない、相づちが少ない、声のトーンが低いなども「ごめん避け」の特徴です。
自分に好意を持たれていることに気づき興味はないけれどハッキリと本心を伝えるのは女性を傷つけてしまい失礼に当たるし、今の友人関係は壊したくないと思う多少ずる賢い優しさを込めた男性心理からきているのです。
これは無意識のうちに防御の体制をしているといえます。
用件がある時以外にメールがこない、こちらから大した用事が無くてメールをした時に、一応返事はくるけれど「了解」など文章が短い、絵文字が使用されていない、敬語を使っている、男性からの返信が遅れても謝罪の言葉が入っていない、あるいは忙しいアピールをされるのも明らかに「ごめん避け」です。
じっくりと男性を観察していると特徴を見抜くことができます。
それを知ってこの先の出方を考えることが大切です。

スポンサーリンク