男性が好きな人にとる態度 年下

年下の男性が好きな人にとる態度

スポンサーリンク

学校や職場で、年下の男性から声をかけられて、好意があるもしくは好意を持ってもらえてるかもしれないと思える瞬間があります。
そう思われていると考えるだけで嬉しくなるものです。
本当に好意があるのかは聞いてみるしかないのですが、なかなかできないと思います。
そこで態度から好意を持っているかを判断することになります。
特に年下の男性から好意を持たれていると考えている場合、勘違いだったら恥ずかしいと思うので態度から本当に好意を持っているのか判断すると思います。
男性は、基本的に年上の女性を好むようにできています。
世間一般では、若い子が好きだという印象が強いのですが、男性はメンタルが強くないので姉さん女房な気質を好みます。
自分に自信がないため、迷った時に「男だったらしっかりしなさい。」と言ってもらいたいとどんな男性でも思っています。
ですから年上の女性が年下男性から好意を持たれることは、不自然ではなくどちらかというと自然なことなのです。

スポンサーリンク

男性が好きな人にとる態度としてはいくつかあります。
基本的に男性が好きな人にとる態度に男性の年齢は関係ありません。
年上だろうと年下だろうと男性は、好きな人にとる態度に変化があまりないのです。
男性も恥ずかしいので周りの目を気にはしますが、好きな人にとる態度はストレートなことが多いです。
まず、基本的に優しく親切にしてくれます。
少しやりすぎかなと思うくらいに親切だったりします。
それに「荷物持とうか?」などと言って助けてくれることが多くなります。
レディーファーストの精神が強い男性は、車のドアをさりげなく開けてくれます。
男性は、こうして少しでも自分を見てもらおうとするものなのです。
それと、好意がある女性を褒めることが多くなります。
好きだから逆にいじわるを言ってしまう男性もいますが、殆どの場合は褒めます。
どんな女性にも優しくて褒めることが習慣となっているような「モテる男性」というのもいますが、こういう人はじっくり時間をかけて本当に自分にしか向けられていない好意かを判断するといいと思います。
男性が好きな人にとる態度は、「優しく親切である」点と「褒めてくれる」点といった2つの態度を参考に判断してみるといいですよ。

スポンサーリンク