上司 部下 好き 態度

上司が部下を好きな時に見せる態度

スポンサーリンク

上司が好きな部下に対して見せる態度には様々な事が挙げられます。
その1つが、好きな部下が仕事で悩んでいた時に、上司としてすぐに親身にアドバイスをする態度を示す事が挙げられます。
また、上司として失敗を優しくフォローする事もあります。
これは、恋愛感情を抱いている相手に対して、頼りになる存在でありたいという心理が働いているからだと推測されます。
また、仕事帰りなどの際において、好きな部下に対して飲みや食事に誘うケースもあります。
これは、恋愛感情がある相手に対して、仕事終わりにゆっくりと会話をしたいという欲求が働いているからであると考えられます。
また、恋愛感情を抱いている相手に対しては、出勤の際や職場の廊下などで出会った時には、明るい笑顔で挨拶をすることがあります。
これは内心の嬉しさが態度にも表れているからであると推測されます。
また、恋愛感情を抱いている部下と一緒に行動をする事も多くなる傾向があります。

スポンサーリンク

上司が職場の部下を好きになった際に見せる態度には様々な事が考えられます。
その1つとしては、恋愛感情を抱いている相手に対してプライベートでも会いたいという心理状態が働く傾向があります。
そのため、メール交換をして休日にデートに誘うことがあります。
この際に、大勢で行くデートの場合は恋愛感情が薄い可能性がありますが、2人きりで長時間のデートに誘ってくる場合については、恋愛感情が秘められている傾向があります。
また、上司は好きな部下に対して、視線を多く送る傾向があります。
そのため、休憩時間や仕事中に目が合う機会が多くなる事もあります。
また、恋愛感情を抱いている相手に対しては、その相手の行動について好奇心が強いために、仕事のスケジュールを把握している事もあります。
したがって、異性の上司が自分のスケジュールを把握していて、そして仕事中に視線を送ってくる回数が多い場合については、自分に対して恋愛感情を抱いている可能性があります。

スポンサーリンク