好き避け メール 男性 判断

男性の好き避けはメールで判断できる?

スポンサーリンク

自分を避ける男性が、好き避けなのか嫌い避けなのか、あるいはごめん避けなのか迷ったことはありませんか。
好き避けは、好きだけどその好意を知られたくなくて避けてしまうことです。
嫌い避けは嫌いだからあまり関わりたくなくて避けることを表します。
ごめん避けは、好きでも嫌いでもないけど、恋愛関係に発展したくないから避けることを指しています。
いずれも表面的な行動は避けることというのみで、判断が難しいです。
しかしこれを判断する有効な方法があります。
避けられている男性に対して、メールをしてみましょう。
このメールに対して、どのような反応をするかによって、その男性の避けの種類が判断できるのです。
判断箇所は本文ではありません。
本文では男性は考えた末に結局避けの文面を書いてくるからです。
反応について注目すべきなのは、そのメールを無視したかどうか、そして返信までにかかった時間です。
この二つを見ることで、男性の避けの種類が分かります。

スポンサーリンク

嫌い避けの場合は、メールが無視されることが多いです。
嫌いで関わりたくないのだから、無視されるのも当然と言えるでしょう。
ごめん避けの場合は、メールが返ってきたり無視されたりと一定ではありません。
返信の間隔も、すぐに返ってくることもあれば、なかなか返ってこないこともあります。
断りも受け入れもしない、中途半端なごめん避けの心理がここにも表れています。
そして好き避けの場合は、メールは必ず返ってきます。
好きな相手から話しかけられて反応しない人はいません。
しかしその間隔が大事で、すぐには返ってきません。
すぐに返信をすると、相手に好きという気持ちがバレてしまうと考えるからです。
数時間や数日後に返信が来ることが多いでしょう。
何度か送ってみて、必ず少し遅れて返ってくるようだったら、相手は好き避けである可能性が高いです。
逆に無視されることが何度かあれば、嫌い避けかごめん避けの可能性が高いです。
勿論これだけで絶対に判断できるわけではありませんが、相手の気持ちが気になる方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク