脈あり 診断 学生

学生の脈あり診断について

スポンサーリンク

人間はどんなときでも恋をする生き物です。
それは時代や年齢は関係のないもので、何処に行ってもその種の話題は尽きることがありません。
しかし、人の気持ちを完全に理解するのは難しく、相手にどう思われているのかが気になるという人も多いのが現状です。
そんなときに便利なのが、脈あり診断です。
これは相手の行動から好きか嫌いかというサインを読み取り、恋愛に活かすためのテクニックです。
今回は学生の視点に立った脈あり診断法を説明していきます。
男子が好きな女子に対し行うものの代名詞が、ボディタッチとなります。
大人になれば、異性の身体を軽々しく触ると、問題になりますが、学生であればそんな気遣いはないため、男子は気になる女子の身体に積極的に触ろうとします。
これは嫌いだと思っている相手には、そもそも近寄らないということが多いため、単純ですがかなり精度の高い情報となります。
女子についても、恋愛に積極的な子であれば、それをしてくることが多いため、無視できない要素と言えます。

スポンサーリンク

「嫌よ嫌よも好きのうち」という、恋愛を語る上でたびたび口にされてきた格言があります。
これは男子が気になる女子に対し、意地悪やイタズラを仕掛け、相手の気を引こうとする際に、よく用いられます。
何をするにしても、一番のネックになるのは、相手の無関心です。
たとえ嫌われるような真似であろうとも、相手に自分のことを意識して欲しいと願うのは、子供らしい恋愛感情の表れだと言えます。
同じ女の子に意地悪を続ける男子が、実はその子のことが好きだったという話は、珍しくも何ともありません。
一昔前と違って、小中学生でも携帯電話を持っている子は少なくありません。
ある程度親しい間柄であれば、メールアドレスを交換していることが多いです。
意味のない電話やメールを繰り返し送るというのも、相手に対し強い関心のある証拠、その一つとなります。
どうでもよいと感じている相手に、何の用事もなく連絡を取ろうとする人はいません。
これも男女共通の好意のサインと言えます。
大人と違って学生はそんなに自分の気持ちを隠そうとしません。
そのため、脈あり診断も分かりやすい反応を参考すれば、外すことはさほどありません。
相手のことをよく観察するようにしましょう。

スポンサーリンク