片思い 振られたあと 連絡

片思いの末、振られたあとの連絡方法

スポンサーリンク

片思い中の相手に思い切って告白をした場合、残念ながら振られてしまうことも多々あります。
こういった振られたあとの連絡は、意外に難しいのが現実です。
職場の同僚などの場合には、通常通り接することもさほど難しくないと言えます。
ですが、普段余り顔を合わせない相手の場合には、その後連絡が途絶えるのが一般的です。
ですので片思いしている側が、振られたあとでも引き続き連絡を取りたい場合にはちょっとした工夫をすることが必要になります。
一般的に振った側は、相手と顔を合わせたり連絡をとることを避けたいと感じています。
余程親しい友人でない限りは、振られたあとに再び関係を続けることは難しいことが多いです。
ですが、ある程度時間をかけていくことで、場合によっては片思いを成就させられるケースも出てきます。
振られたあとはしばらく連絡を絶ち、一旦関係をリセットすることが肝心です。
ほとぼりが冷めるのを持って、再び軽く接触してみる方法が概して有効となります。

スポンサーリンク

告白後に振られた場合は、振った側にも振られた側にもネガティブな感情が残ります。
このような感情があると、良好な関係を築くことはほぼ不可能です。
しばらく時間を置くことでこのような感情をお互いが意識しなくなるようになれば、再チャンスが巡ってくることもあります。
従って片思いを諦めきれない場合は、気持ちが変わるまでの間は忍耐強く待つことが必要です。
振られた場合には、やはり何らかの理由があることが多く、原因を探ることも時に必要となります。
振られたあとに余り頻繁に連絡をすると、望ましくない関係に陥るリスクも出てきます。
女性の場合には、都合の良い存在として扱われてしまうことも考えられますので、努めて冷静に振る舞うのが賢明な対処です。
対等な立場で関係を続けるためにも、安易なアプローチ法は避けます。
他の異性と幅広く交際してみることで、状況が変わることもあるのが本当のところです。
嫉妬という感情を用いた場合、思わぬ進展が見られることもあります。

スポンサーリンク