女性 好意 気付かない 男性

女性からの好意に気付かない男性の特徴

スポンサーリンク

唐変木という言葉があります。
これは一般的なニュアンスとしては、女性からの好意に気付かない男性、となります。
要するに鈍感なのです。
では、何故彼らは女性の好意に気付かないのか、その理由を今回は説明していきます。
まず、彼らが女性に慣れすぎている可能性があります。
これは複数の女性と関係を持っているプレイボーイという意味ではありません。
女系家族に育ち、学生時代も男女比率に偏りのある学校に通っていたという男性によく見られるパターンです。
これは相手に対し平然とボディタッチをすることが幾度もあるため、された側を勘違いさせる原因の一つにもなります。
もっとも、女の本心に触れる機会が多かったため、それを恐れ、恋愛対象として見なくなったという可能性もあります。
これは軽度の女性恐怖症患者に見られる傾向であり、さほど珍しい話ではありません。
この場合は、経験からそうなってしまったため、矯正するのは容易ではありません。

スポンサーリンク

先に紹介した事例とは逆というパターンもあります。
こちらは男系家庭で育ち、学生時代も男子校で過ごしたという人たちです。
彼に共通しているのは、そもそも異性との接点がなかったということです。
これは恋愛経験皆無といのを通り越して免疫ゼロという状態を指します。
そのため、遠回りな好意のサインは、スルー以前に気付かないのです。
こういう男性を相手にする際は、変化球を投げつけるのは適切ではありません。
直接率直な好意をぶつける必要があります。
ただし、いきなりだと面食らうことになるため、ある程度段階を経てから進むようにしましょう。
そもそも恋愛に対し興味がない、ということも考えられます。
これは過去に異性を巡るトラブルからトラウマを抱えた人によくあるパターンです。
仕事や趣味に没頭し、人付き合いは同性で充分だと感じている人もそこに含まれるため、彼らを振り向かせるのは非常に難しいと言えます。
このように、女性からの好意に気付かない男性は、慣れと不慣れ、そして無関心が絡んでいます。
彼らと接するときに必要なのは駆け引きではなく根気だと意識しておきましょう。

スポンサーリンク