女性からの好意 迷惑

女性からの好意が迷惑になる場合

スポンサーリンク

異性から愛されたいと願う男性の数は少なくありません。
しかし、女性からの好意が常に幸福に結びつくとは限りません。
ときには迷惑となる場合もあります。
今回はどのようなときに、女性からの好意が迷惑になるのかを説明していきます。
まず、その男性が恋愛に対し興味がないことが考えられます。
これは仕事や趣味に没頭している男性によく見られる傾向です。
彼らは異性との交際を煩わしいと考えていることが多く、そのために時間をとられたり余分な出費があることを嫌います。
これは離婚経験のある中年男性などにも見られるパターンです。
彼らは過去の経験から恋愛はもうごめんだと考えていることがあり、自分をその対象としてみる異性に対し嫌悪感を抱くものなのです。
彼らに共通している部分は、女性の方からモーションをかけても、それに気付かないふりをする、あるいは無視するということです。
直接言われた訳でもない限り、それと向き合う必要はないと考えているあたり、責任意識はあると言えます。

スポンサーリンク

女性からの好意を迷惑だと感じる男性のパターンとしては、その人が全く好みではない、ということが考えられます。
これは容姿や性格によるものかと言えば、一概にそう言い切れない部分があります。
なぜなら、幼少期に自分をいじめていた女性にそっくりだから嫌いだという、トラウマに関わることもあるからです。
これは女性恐怖症を患っている男性にも当てはまることなのですが、特定の容姿を持つ女性にだけ強い嫌悪感を示すことがあるのです。
そのため、それ以外の女性とは普通に接することが可能なのですが、嫌いな相手はとことん駄目だということになります。
行動から女性からの好意が迷惑になることもあります。
その代表格が頻繁なメールです。
男性は女性とは違い、必要がなければメールをしないという人が多く、特に用事もないのに多数のメールを送信してくる女性に対し、いらだちを感じる男性は少なくありません。
恋愛とは一方的な感情で成立するものではなく、相互理解が必要です。
それを意識することが大切です。

スポンサーリンク