好意はあるけど付き合えない 理由 女性

好意はあるけど付き合えない女性側の理由

スポンサーリンク

一緒にいると楽しい、趣味も合うし外見が好み、心から尊敬できるなど、一緒に過ごしていくうちに相手に行為をいだくことはありますよね。
そろそろ付き合いたいなという感情が生まれることも自然です。
「もしかして相手も自分の事を好きなのではないか」と意を決して彼女に告白したのに断られてしまった、そんな経験をお持ちの方もいることでしょう。
そこには、相手に好意はあるけど付き合えないという女性の心理が隠されています。
いったいどのような理由があるのでしょうか。
そして対処法はあるのでしょうか。
好意=友情であり友達として好き、付き合うことで今の良い関係が崩れてしまうのではないかという不安、実は他にパートナー(好きな人、彼氏、旦那)がいる、今は仕事に集中したい・将来キャリアアップを目指しているなど、理由は様々あります。
この場合、諦めるしかなのでしょうか。
もしも女性が、好意はあるけど付き合えないと言った様子であれば、理由別に相手の気持ちに寄り添って対処してみましょう。

スポンサーリンク

好意=友情ならば、今は友情関係を維持することがいいでしょう。
無理にこじ開けようとすれば、友情関係ですら壊してしまうかもしれません。
女性が付き合うことに不安をいだいているようならば、ゆっくりと相手を優しく見守るといいでしょう。
他にパートナーがいる場合、好きな相手がいる=こちらに振り向いてくれるチャンスはあります。
彼氏がいる=なかなか難しいですがチャンスはゼロではありません。
旦那がいる=この場合は身を引くことが一番でしょう、相手には配偶者が既にいるからです。
仕事を頑張りたい=お互いに仕事を頑張れるような関係づくり、仕事への理解やサポートについての話し合いが必要です。
大人になればなるほど、好意がある=付き合うといった形式は容易でない場合が多いかもしれません。
好意はあるけど付き合えない、そのような場合には何かしらの理由があります。
自分の気持ちのままに突き進むのではなく、相手の気持ちに寄り添って接することで、今の現状を打ち破ることに近づくのかもしれません。

スポンサーリンク