メール 顔文字 好意

メールの顔文字で好意を判断する方法

スポンサーリンク

恋愛においては付き合う前の段階では直接会ったり、メールや電話で話したりして親密になっていく過程も楽しめる場合があり、人生における重要な事の一つとも言えます。
現状の世の中においては意思疎通を図るためのツールが豊富であり、いつでもどこでも誰かと会話したりする事もできるため、恋愛においても進展しやすい状況を作る事も可能です。
しかし、直接会わなくても意思疎通を行う事ができる事が直接会う機会を減らす可能性も少なからずあり、相手の好意を知るためには表情などで判断できない場合もあり得ます。
メールなどにおいては文字だけの情報になるため、その点でも好意の判断は難しくなるかもしれません。
しかし、そのような意思疎通を助けてくれる機能がメールのは存在しており、そのツールが顔文字と言えるでしょう。
顔文字以外にも様々な表現ツールがあり、これらを見て好意のあるなしを判断していくのも良いと言えます。
しかし、情報をそのまま鵜呑みにするのも危険です。

スポンサーリンク

顔文字においてはその時の感情に合わせたものを利用する場合が多く、若い世代などであれば的確に表現できる場合もあるでしょう。
顔文字が全くないメールと言うのは個人差もあるかもしれませんが、期待感は薄くなる可能性もあり得ます。
もしも好意を伝えたい側であれば顔文字などの表現においても、決して侮らないようにした方が良いです。
また、友人としての好意程度でも匂わせるような顔文字を使用する異性も存在しており、一概にメールのみで判断してしまうのは早計かもしれません。
もしも同じ人物のメールを他の方の携帯電話やスマートフォンで見る機会があれば、同じような使い方なのかを判断する事もできるでしょうが、プライバシーの面で好ましくないです。
また他にも感情表現ツールは多様化しており、それぞれのルールなどもある程度確立されている場合があり、一般的な判断をする事もできるかもしれません。
例えば話を終了したい時に最後にキャラクターなどのスタンプと呼ばれるものでしめたりするのも、暗黙の了解の中でルール化されているものではないでしょうか。

スポンサーリンク