好き避け 無視 女性 気持ち

好き避けで無視をしてしまう女性の気持ち

スポンサーリンク

好き避けという言葉をご存じでしょうか。
好き避けとは、気になる人、好意を持っている人に対して、その気持ちとは逆に、冷たい態度やそっけない態度をとったり、話しかけられても無視をしてしまったり、といった行動をとってしまうことを指します。
好き避けは、実は女性に多く見られます。
男性は、好意を持っている相手には積極的にアピールを出来る人が多いですが、女性はそれに比べ、自分の気持ちを相手に知られてしまうことが恥ずかしい、という気持ちが先に働いてしまう傾向にあります。
そのため、気持ちと真逆の行動を取り、その好意を悟られないようにして好き避け行動を起こしてしまいます。
好き避け行動は、特に男性の気を引けることも出来ますが、多くの場合後悔することも多いと言われています。
冷たい態度や無視などの行動を、本当に自分の事が嫌いなんだ、と男性側に勘違いさせてしまい、それ以上に話しかけられたりすることが少なくなってしまうためです。
後悔しないように行動することが大切です。

スポンサーリンク

特に、後悔しないように気を付けるために重要なポイントは、「無視」についてです。
多くの女性に見られる好き避け行動の一つが、上記の通り「無視」です。
話しかけても、それに答えないことで、冷たい態度と捉えられてしまう無視の行動は、相手に誤解を与えてしまうだけでなく、相手から嫌われてしまう可能性もあります。
例えば、好意を抱いている相手じゃない場合、たとえば親や友達同士でも、自分が話しかけたことに何も答えず無視をされたら、多少なりとも心がざわついたり、腹が立ってしまいます。
そのため、相手もそのように思ってしまう可能性が高いと言えます。
好意を抱いている相手がいる場合、恥ずかしい、という気持ちをどうにか封じ込め、素直に相手と接することが一番大切であると言えます。
素直な態度をとっていれば、相手も気持ちに気づき、そこから何らかの良い変化が生まれる可能性がぐっと上がります。
あまのじゃくな態度をとってしまう女性は、以上のようなことを頭に入れて接してみましょう。

スポンサーリンク