好き避け 嫉妬避け 女性 心理 克服法

好き避け・嫉妬避けをする女性心理の克服法

スポンサーリンク

女性は、好きな男性に対して、とても仲良くしたいという心とは裏腹に何故か素っ気ない態度を取ってしまったり、他の女性と話しているだけでヤキモキして嫉妬心でいっぱいになり冷たい態度をとることがあります。
それは、好きという気持ちや心理が強すぎて、相手に気に入ってもらえる自分を見せたい、周囲の人に片思いしてることを知られたくない、相手が自分をどう思ってくれているか分からないから不安を感じる、他の女性と嬉しそうに話すのを見るとイライラして嫉妬の炎が燃えてしまうなど、様々な自分の中のネガティブな部分が無意識のうちに感情と正反対の態度を取らせてしまっているのです。
これは「好き避け」「嫉妬避け」から起こる行動だといえます。
プライドの高さや恥ずかしいと思う心理が素直さをコントロールできなくなってしまうからです。
ところが「好き避け」「嫉妬避け」行動を理解していない男性からすると嫌われていると思われたり不快感を与えたりマイナスイメージしか残らない場合があります。

スポンサーリンク

「好き避け」の特徴は、自分から相手に話しかけることをしなかったり、話しかけられても他の人に話を振ってしまったり、メールの返信が短かったり遅かったりします。
目が合うとすぐにそらしてしまうのも、よくある行動です。
相手に自分をアピールすることは出来ますが、これでは片思いからの脱出はできなくなります。
克服法としては、恥ずかしくても会話中は相手の目をしっかりと見る、目が合った時は、笑顔で対応する、身体を相手側に向ける、相手の話に相づちを打って共感していることをアピールする、「すごいね!」など褒めたり大きめなリアクションをとるなどで好感度をアップすることができます。
メールは特別に用事が無くても「お疲れ様です。」など当り触りの無い内容を定期的に送り、ある日、送るのをやめてみます。
定期的に来てたメールが来ないのが気になって、相手からメールが送られてくれば脈ありの可能性が高いです。
ダメで元々の精神や心理を身に付けて、ほんの少し勇気を出し幸せな恋愛へと進ませるのが大切です。

スポンサーリンク