好き避け 男性 視線 特徴

好き避けをする男性の視線や特徴

スポンサーリンク

すごく好きな女性に対して、なぜか気持ちとは正反対に素っ気ない態度や冷たい反応をされると、誰だって自分は嫌われているのかと不安になったり落ち込んでしまい片思いに終止符を打とうかと思うものです。
でも諦めてしまう前に本当に興味を持たれていないかどうかを確かめるチェック方法があるのです。
小学生の頃、好きな女子にわざと意地悪したり、からかったりする男子と同じく大人になっても好きだからこそ素直に自分の感情を表現するのが苦手な男性に見られるのが「好き避け」行動なのです。
「好き避け」には特徴があり最も分かりやすい態度は視線です。
「目は口ほどに物を言う」という言葉通り人間や動物は本能で好きな人や興味があるものを知らず知らずのうちに見てしまうのです。
好きな男性の方を向いた時、頻繁に目が合う確率が高い、遠くに居ても背後から視線を感じることがある、でも見つめ返すと慌てて逸らされてしまう場合は脈ありの可能性が強まります。

スポンサーリンク

会話をしている時、顔が赤くなっていることがある、急に早口になったり言葉を噛んでしまう、こちらの話を笑顔で聞いて話の内容に質問をしてくれる、やたらと自分の身体を触っている、身体や足の先がこちらを向いている、口元を隠して話すことがあるなども「好き避け」の特徴といえます。
また人数が多い時は、よそよそしい態度をしていたのに2人っきりになると態度が変わる特徴もあります。
それは2人だと精神的に打ち解けてきて話もプライベートなことを聞かれたり、逆にプライベートなことを聞き返すと嫌な顔せず嬉しそうに話してくれる場合もあります。
これも周囲の人に自分の気持ちがバレたくないという思いや人が多いと恥ずかしくて好きな女性と話せない照れくささからの「好き避け」男性特有の態度の特徴なのです。
メールも用件のみや短文でも終わりは疑問形だったり返信が早いのもメールで繋がっていたいと思う気持ちが表れています。
好きな男性の視線や「好き避け」行動の特徴を理解し恋愛へと進むことができます。

スポンサーリンク