好き避け 男性 特徴 メール

好き避けをする男性の特徴とメール

スポンサーリンク

近年ではいわゆる草食系男子が増加する傾向にあります。
彼らに共通している特徴は、恋愛に対し奥手であることです。
今回は彼らのそうした傾向を踏まえた上で、好き避けをしてしまう男性の特徴を、そのメール内容などから説明していきます。
好き避けをする男性の多くは、好きな女性から見つめられると、視線を外してしまうことが多いとされています。
これは好きな相手から注目されると恥ずかしいという男性心理に根付いた行動です。
彼らの方から視線を合わせようとしてくることもごく希にありますが、相手に視線を注いでいるのに気付かれると、即座に引っ込めてしまいます。
気恥ずかしさが顔に表れる場合もあります。
目は口ほどにものを言うと俗に言いますが、嫌いだと感じている相手を見つめて頬を赤らめる人はまずいません。
会話がスムーズに進むかどうかも重要なチェック項目になります。
好き避けをする男性の特徴として、好意を抱いている異性が相手だとよく噛んでしまうというのがあるからです。
相手の言葉がたどたどしいのなら、好き避けをしている可能性が濃厚となります。

スポンサーリンク

メールに注目するのも重要です。
これは女性ならば、好きな相手と頻繁にメールでやりとりをしたいと思い、実際にするのですが、好き避けをする男性は日頃の態度がメールにも出てしまうのです。
そのため、必要事項以外を何も記入していない、素っ気ないものが続いても、相手から嫌われていると考えない方がよいでしょう。
この場合意識すべきなのは、男性側は直接顔を合わせることの方が重要だと考えている人が多いことです。
話せば相手の表情や仕草から思っていることがすぐに伝わると考えているのは、彼らに共通している部分です。
彼らは素っ気ない態度を続けることが、恋愛に対しガツガツとしていないことを示す証拠になると考えている節もあります。
メールを送っても、その返信が遅いという場合は、緊張感から文面をうまくまとめていない可能性もあります。
彼らは相手に嫌われたくないという気持ちが強いため、完璧主義者になる面があるのです。
女性側がそれに気付いたら、急かすことなく接してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク