好き避け 後悔 女性

好き避けをする女性が後悔しない方法

スポンサーリンク

恋愛のスタイルは人により様々です。
好きな人に対し積極的にアタックする人もいれば、好意を告げることができずに立ち止まっている人など、個人の性格が出てきます。
しかし、いわゆる好き避けをしてしまう人は、それにより後悔することが少なくありません。
今回は好き避けをしてしまう女性が後悔せずに済む方法を説明していきます。
そもそも好き避けとは、好きな相手に対し素っ気ない態度をとってしまうことを指します。
これは学生時代であればさほど珍しいものではないのですが、社会人になった後もそれを続けると、相手から単純に嫌われていると思われてしまいます。
では、どのようなことをすればよいのかと言えば、まずは自分の気持ちから向き合うことから始めましょう。
好きな人のことを考え、その人を他人に決して渡したくないというのであれば、日頃の態度を改めるようにしましょう。
これは、男性が女性からの好意に鈍感なことが多いためでもあります。
好きだというのを態度や言葉から示すことが肝要です。

スポンサーリンク

自分の気持ちに気付き、態度を改めた後は、それが男性にとって重荷にならない程度に留めることを意識する必要があります。
これは男性側の警戒心を解くために必要なステップとなります。
急に手のひらを返したように接しても、男性はその温度差から逆に不信感を抱くことが多いのです。
そのため、段階を経て好きになったのだというところを、相手に対し示すようにしましょう。
これは一見するともどかしさを感じますが、信頼関係とは短時間のうちに構築されるものではないというのを忘れてはなりません。
挨拶から日常会話、次いで何が好きなのかを自然と語り合えるようになった後、二人きりで出かけることを提案してみましょう。
これは思わせぶりなことばかりをして、踏み切らないでいると、相手から見限られる危険があるため、さじ加減が必要になります。
このように、女性側の表面的な態度からその意識を誤解する男性は世の中に少なくありません。
あのときにこうしていればよかったと後悔せずに済むように、女性側は彼らの心情をおもんぱかる必要があります。
それを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク