好き避け 飲み会 女性

飲み会で好き避けする女性と仲良くなる方法

スポンサーリンク

飲み会の席で気になる女性がいて、近付いて親しくなろうとしたところ、なぜか避けられているように感じるケースに出くわした場合の対処法は以下の通りです。
まず、相手が自分のことを嫌っているのか、好き避けしているのかを見極める必要があります。
ここを最初に間違わないように、細心の注意をはらって観察することが大切です。
まず、相手が自分を嫌っている場合は、まったくこちらに関心を向けず、目を合わせてくることもありません。
そして物理的な距離をできるだけ取ろうとします。
手洗いで席を外すような場合でも、極力言葉を交わしたりせずにすむように、徹底して自分のことを避けていることが明白にわかります。
こういう明らかに嫌われているケースであれば、仕方がありません。
しかし、もしそうではなく、彼女が好き避けをしているのであれば、大いに脈があります。
飲み会という接触しやすい機会を大いに活かし、親しくなる絶好のチャンス到来ということになります。

スポンサーリンク

好き避けをしている女性の特徴ですが、まず動作がぎこちなくなっていることです。
目を合わせないようにするのですが、それも不愉快そうにそらすのではなく、ちょっと恥ずかしそうにそらすのが特徴です。
つまり、基本的に好意を持っているわけですが、その事実を知られたくないと思っているのです。
また、もしその飲み会に女性が他にも複数参加しているようであれば、わざとあなたに関心が無いようなフリをします。
話しかけても楽しそうでもなく素っ気ない様子をしたりします。
しかし、それは他の女性の手前、あなたに好意があることを隠そうとしているからなのです。
以上のような様子があれば、好き避けをしていると見てほぼ間違いないでしょう。
素っ気ない態度が、嫌悪感から来るものなのか、本当は好意があるのかは相手の様子をよく観察すればわかります。
そんな好き避けをする女性でも、飲み会が進むにつれて解放感もあり、次第に緊張がほどけてくるはずです。
その段階で、さりげなく、周囲にわざとらしく感じさせないように気を付けながら、距離を縮めていくことがポイントです。
あせらず、自然に近づき、言葉を交わしていくうちに、仲良くなっていくことができます。

スポンサーリンク