既婚男性 好意 態度 サイン

既婚男性の態度から好意のサインに気付いたら

スポンサーリンク

恋愛とは年齢や立場により抑制されるものではありません。
これは世の中の多くの既婚男性が離婚をしていることからも証明されています。
では、既婚男性のどのような態度から好意のサインを読み取ればよいのかと言いますと、メールの回数とその内容となります。
これは既婚男性に限った話ではないのですが、殆どの男性が異性に必要のないメールを送ることがありません。
内容のない、雑談じみたメールを延々と送ってくるようになったというのであれば、女性側はそれを好意のサインだと受け止めて構いません。
問題を避けたいのであれば、その時点から用心をするようにしましょう。
態度から好意に気付くという方法もあります。
これは同じ職場に勤めている同僚ならば、相手の視線がどこに向けられていることが多いかを確かめることにより分かります。
気がついたら自分の方ばかり見ているのであれば、それは確実に好意を表すサインです。
態度から他の同僚に伝わることもあるので、こちらも用心が必要です。

スポンサーリンク

休日に何をして過ごしているのかと、繰り返し訊ねてくるようになったという場合も用心が必要です。
これは恋愛対象として捉えていない異性の行動に、男性が無関心なことが多いという事実に起因しています。
つまり、その種の話題を振られただけで、相手はこちらを異性として見ていると考えてよいのです。
飲み会で隣の席になる回数が増えたというときも、用心が必要です。
人間はアルコールが入ると普段は想像もできないことをする傾向にあります。
分別がつく大人がまさか、という油断が大敵になります。
二人きりになる回数が増えたという場合も用心しましょう。
偶然ではなくわざとそうしている可能性があります。
適当な理由をつけて、二人きりで出かけようという場合は、既婚男性なのだから大丈夫だろうという油断を持たないようにしましょう。
何事も気を緩めることが大惨事に繋がることがあります。
恋愛に積極的な男性は、既婚か未婚かを気にしないことが多いと言えます。
そこを踏まえた上で相手に接するようにしましょう。

スポンサーリンク