好意を感じる メール 特徴

好意を感じるメールの特徴

スポンサーリンク

メールは、現代の恋愛において欠かせないツールの一つです。
自分の好きなときに好きなペースで個人的に連絡を取り合えるツールのため、最近では、ごはんの誘いや、告白する手段にも使われるようになってきました。
気になる人とやりとりをしているとき、その文面から相手が自分をどう思っているかを、ある程度分析することが出来ます。
また、同じように自分が好意を抱いている相手とメールをしてる場合、その好意に気づかれてしまうこともあります。
では、相手が好意を感じるメールには、どのような特徴があるでしょうか。
まず一つは、絵文字です。
様々な可愛い絵文字、顔文字を使う文面のとき、相手は好意を感じることがあります。
好意のない相手だと、文面がそっけなくなったり、要件を伝えるのみの寂しい画面になってしまうことが多いためです。
普通の文面に、かわいい絵文字、とくにハートマークなどを使った文章は、特に好意を感じる大きな特徴の一つです。

スポンサーリンク

もうひとつの好意を感じるメールの特徴は、質問の多さです。
やりとりをしているときは、時に相手への返事のみで会話が途切れてしまうことがあります。
また要件だけ伝える文面の時には、その話が終わったら、そのあとのやりとりも自然となくなってしまうことがあります。
しかし相手からの文面が必ず質問形式で終わっている場合、相手はもっと話したい、メールを続けてコミュニケーションを取りたい、もっと相手のことを詳しく知りたい、と思っていることになります。
興味のない相手であれば、要件のみで終わり、その後のやりとりも続かないことが多くあります。
例えば好きな食べ物は、今何しているの、など他愛のない質問でも、それが続いている場合は、相手は好意を感じることとなります。
メールをする場合、相手に自分の好意を気付いてほしい場合や、または気づかれたくない場合でも以上のようなことを頭にいれて、上手にかけひきをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク