職場 好意 伝え方

職場での好意の伝え方

スポンサーリンク

職場に好きな人ができてしまったら、あなたはどのように伝えますか。
学校やバイト先ならまだしも、職場はあくまでもビジネスの場であり恋愛とは切り離して考えなければならないことも多くあります。
だからこそ職場で恋をしてしまった場合には好意をどのように伝えれば良いのか悩む人も多くいると思います。
そこで職場で使える好意の伝え方をご紹介します。
まず、自分の気持ちを伝える言葉についてです。
伝え方が大切で、良い大人がいきなり好きですと言ってしまうと、相手も驚いてしまうことが多いと思います。
好意を持っている相手が年上の場合は「いつも気にかけて頂いてありがとうございます。」という感謝や「仕事に対する姿勢を尊敬しています。」という様な敬意を伝えることから始めると良いかもしれません。
そういった感謝や敬意の言葉を好意を持っている相手「だけ」に伝えているということを徐々に匂わせていきましょう。
いきなり好きというのではなく、徐々に匂わせていくことで、自分に脈があるかないか見極めるアイドリング期間にもなります。

スポンサーリンク

次に自分の気持ちを伝える場所についてです。
まずは会社の中でですが、できるだけ二人きりになれる場所を作りましょう。
相手の毎日の行動を見て、お昼にコーヒーを買いに行くようなら自分も買いに行くというように、自然に二人きりになる状況を作りましょう。
あくまでもいつもの仕事仲間が周りにいないという点が重要で、個室や密室の状況を作れというわけではありません。
偶然に二人きりになるようにし、上記の感謝や敬意の言葉から始めてコミュニケーションをとりましょう。
笑顔だったり相手に嫌がっている様な素振りがなければ次のステップです。
「個別に相談があるのですが…。」など理由をつけて会社から離れた場所で二人で会う機会を作ります。
会社とは関係の無い場所でも会ってくれる場合は脈があると考えて良いでしょう。
会社以外の場所で会う場合は自分も相手も素を見せやすい環境にあります。
そこで好意を匂わせるとどんな鈍い相手でもあなたの気持ちに少なからず感づいてくれるはずです。
このように好意を伝える場合は言葉や場所などを選んで伝え方を工夫するようにしましょう。
相手の立場や気持ちを考えて、思いを伝えた方も伝えられる方も気持ちの良い、大人の恋愛を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク