好意 気付かないふり 女性 心理

好意に気付かないふりをする女性の心理

スポンサーリンク

人見知りで恥ずかしがり屋の女性は、好意を持たれていると気付いていても、あえて気付かないふりをします。
それは、本当に好意を持たれているか、まだはっきりしていないので、過大に期待してがっかりするのを避けているからです。
自分も好意を持っている男性からだと、なおさらその傾向は強くなります。
もし好きな女性が、ある瞬間からあまり目を合わせて話してくれなくなったり、そっけない態度に変わったら、それは両想いになっていると判断することができます。
気付かないふりをすることで、相手に意識してもらえるように仕向けているだけなので、冷たい態度を取られたとショックを受ける必要はありません。
むしろ、早く告白してほしいというアピールだと受け取って、積極的に行動をするタイミングです。
人見知りで恥ずかしがり屋の女性は、感情を表に出さないので分かりにくいですが、好意を持っていない場合は、最初から心を開かないので、仲良くなれたということは、かなり脈があるサインです。

スポンサーリンク

人見知りで恥ずかしがり屋の女性は、自分から告白してくることはまずないので、気付かないふりをすることで、告白して欲しいとアピールするのです。
少しネガティブな思考をする場合が多いので、両想いだと感じていても、フラれるのが怖いという心理を持っていて、自分からは絶対に告白することができません。
無視をするわけでもなく、何となくよそよそしい態度に変わったら、好意を持っているという証拠なので、タイミングを狙います。
そうした女性には、仲良くなるまでは、少しずつ距離を縮める作戦で近付いて、両想いだと確信することができたら、積極的に告白をします。
自分の気持ちを尊重してくれる、優しい男性だと思われるので、確実に好意を持ってくれますし、告白しても成功することができます。
他の人に取られる不安があるので、常に積極的に行動したくなりますが、相手の性格に合わせて仲を深めていくことを、大前提にします。
そうすることで、難しそうな恋でも成就させることができます。

スポンサーリンク